金融ブラックから抜け出すには


ブラックでも借りれた消費者金融
36.jpg


金融ブラックから抜け出すには

多重債務や自己破産、任意整理などしてしまった金融ブラックの人たちは、それなりの理由があって借金をしてしまいます。
銀行のカードローン、消費者金融などから借りる多くの理由は浪費やパチンコ、スロット、競馬等のギャンブルで借金をしてしまった。
またはFXや株等の投資に手を出して、多くの損失を出してしまい借金をするようになってしまった。
または、収入以上の浪費で風俗、キャバクラなどにはまってしまって消費者金融や銀行カードローンで借りれしまった。

上記は男性の方が多いでしょうが、女性の場合ですとブランド品の購入、買い物依存、パチンコ、パチスロなどにハマり借金をしてしまい、多重債務者になってしまった。

私もそうでしたが、ギャンブルで借金をしてしまったら「その負けた分をギャンブルで取り返す」とゆめ物語を考えます。
それ程、ギャンブルは甘くありませんし「ドツボにハマる」だけです。
要は自分に甘く、自制心が効かなくなって「最後は自己破産や債務整理が待ち受けています」

自分が金融ブラックだと認識をする

私も含め、多重債務になったり金融ブラックになってしまった人は「現在の自分の借金がいくらあるか?」よく把握していません。
現在は消費者金融やカードローンも収入の1/3以内しか、借り入れ出来なくなっていますので把握しやすいですが、総量規制の前でしたらそれ以上借金も可能でしたから、雪だるま式に金額が増えてしまいました。



先ずは「自分が何処からいくら借りて、毎月いくら支払っているか?」先ずは把握しましょう。
毎月元金をいくら返済して、利息をいくら払っているか?年間で計算すると、意外と元金が減っていないことに気がつきます。

借金さえなくなれば、その利息分は貯蓄できるのです。「人のことは言えない立場ですけど」

借金を早く返済するには

借金を早く返済するには、いくつか方法は有りますがそれを実践するのは「本人の意思が硬い上に、行動力が必要となります」
借金を普通に返済していたら、先ずは完済するのに数年かかります。きっと元金が減ったとしても、お金が足りなくなってしまった時にまた、消費者金融やカードローンで借りてその場を凌ごうと考えてしまいます。
多重債務や自己破産、債務整理をしてしまった金融ブラックの人達は、その繰り返しで借金総額が減らないのが現状だと思います。

「生活を切り詰める、収入を増やす、我慢する」などして元金を少しでも減らすことを考えてみましょう。

運がよければ「ギャンブルで一発逆転」と甘い考えは捨てるしかありません。

収入を増やすには?

収入を増やすには「転職をして年収を上げる」「本業のほかに副業で稼ぐ」など頭に浮かびますが、転職に関しては余程のスキルがないと現在の日本では「転職で収入を増やす」のは難しい環境かもしれません。

転職する職種にもよると思いますが「本人のスキルとやる気」がなければ、転職は成功しないかと思います。
皆さん仕事はしていると思いますが、サラリーマンの場合本業で収入を増やすのは中々難しいと思います。

私は零細企業ですので、本業の収入が飛躍的に増えることはありません。
考えるのは、サラリーマン以外で収入をどうやって増やすか?

思い浮かぶのは「休日のアルバイト・夜間のアルバイト」ですが、現実は厳しい面も有ります。
その人が住んでいる環境や、居住地によって休日のアルバイトや夜間のアルバイトも可能かもしれませんが、地方都市の場合ですと「勤務先にバレてしまう。顔見知りにバレてしまう」可能性もありますし、企業によっては副業を禁止している場合もあります。

転職をする
転職やキャリアアップをおして、確実に収入を増やすために現在は転職サイトが充実しています。
看護師や看護関係の仕事をされている方は、転職サイトに登録することをお勧めします。専門職の方は、より良い条件の仕事先を探せれるケースがあります。また、転職サイトを通じて仕事を決めた場合お祝い金が出るケースがありますので、ご利用することをお勧めします。
専門のアドバイザーが相談にのってくれ、あなたにとって有利な条件の仕事先を探すことが可能です。
介護職の方は、こちらをお勧めします。


クリックジョブ介護



看護師、准看護師の方はこちらがおススメ











ブラックでも借りれる消費者金融に断られてしまった。だけどお金を借りたいという方!

okanekashit648.jpg

金融ブラックになってしまうと大手の消費者金融では借りれません。そんな時に匿名で申し込める中小の消費者金融のマッチングが便利です。上の無料相談から探せます。



無料で「匿名簡易審査」は複数の銀行や消費者金融の金融商品を「比較検索」するなら


この記事へのコメント