自己破産と任意整理?金融ブラック?ブラックリスト?

ブラックリスト?とは

36.jpg
金融ブラックという言葉を耳にしますが、実際にブラックリストがある訳ではありません。

自己破産・個人再生・債務整理・長期延滞等した場合に、借入した消費者金融や銀行、クレジットカード会社が属している信用情報機関に事故として一定期間記載されます。自己破産の場合、JICCやCICだと免責決定から5年を超えない期間。KSC全国銀行個人信用情報センターだと10年を超えない期間と有ります。それを俗にブラックリストと称します


自己破産をするとどうなるの?

自己破産とは?

多重債務になり、もうこれ以上借金を返すことができない。個人再生や任意整理でもどうにもならないといく状況の方が、最終的な手段として自己破産を選択します。
自己破産の申立てをし、裁判所から免責の決定を受けられた場合、借金をしていた消費者金融や銀行、カードローン会社の借金を支払わなくて良いとなります。ただ、免責決定が裁判所より降りない場合は自己破産をしても借金を支払わなくて和なりません。
無職になってしまったり、怪我や病気で働けなくなってしまったなど、理由は様々でしょうが自己破産は日本の法律で決められていることです。自己破産は最終的な手段であり、自己破産によるメリットとデメリットは理解する必要があります。



人にはなさなければ、一般人には知られることがありませんが車のローンや住宅ローン等は10年以上は利用できなくなることが殆どです。また、大手のような消費者金融での借り入れは100%出来ません。



自己破産したら?
自己破産することで、その時に借金をしていた債務は免責決定が降りれば支払う義務は無くなります。
ですが、その代わりに20万以上の価値があると裁判所が認めたものを所持していた場合、財産として処分しなければなりません。積立型の生命保険や車、土地建物などが対象になります。自分名義の財産を全て失うことにもなりますので、その事は理解しなければなりません。
また、ギャンブルや浪費で膨れ上がった借金の場合は免責決定が裁判所から降りないケースも有ります。また、一度自己破産をした場合、その事実から7年間は再び自己破産の申し立ては出来ないとなっています。自己破産をすると各金融機関が属する信用情報機関に事故情報として5年から10年は自己破産の情報が登録されます。そのため、その期間に新しくクレジットカードなどは作りにくくなります。住宅ローンや車のローンも同じで、与信審査ではじかれてしまいます。まあ、当たり前のことではあります。



任意整理するとどうなるの?

任意整理とは?

先ずは任意整理についてですが、任意整理とは司法書士や弁護士に依頼し借金を整理することです。多重債務者から依頼を受けた司法書士や弁護士が、債権者である銀行・消費者金・カードローン会社に対して利息や延滞利息等をカットしてもううように交渉します。おおよそ3年から5年程度の期間で借金の返済が終わるような条件でまとめて借金の返済を行います。

任意整理を行なうためには、債権者と取り決めた期間で借金返済をしないといけませんので定期的な収入がなければいけません。利息の引き直し計算などを行って、過払い金が発生した場合には債権金額から差し引いたりすることもできます。

任意整理は裁判所の手続きを利用しないため、複雑な手続きが必要ありません。多重債務者からの依頼を受けた弁護士・司法書士が消費者金融や銀行などの債権者に受任通知書を送付し、借入している消費者金融や銀行、カードローン会社からの督促や請求を止めることができます。





任意整理したら?

任意整理は多くの債務整理の方法の中で、メジャーな方法です。債務整理をしたいと司法書士や弁護士に相談をしてから任意整理をすると、その日から督促がストップしますし、利息も止められます。司法書士や弁護士が本人の代わりに相手先の消費者金融や銀行、カード会社に示談交渉をしてくれます。

消費者金融や銀行が受任通知を受け取ることで、借金の元金を計画的に返済する代わりに、利息をカットすることができます。それにより減額した金額で返済ができますので計画的な返済が可能になります。

任意整理の利点は裁判所の手続きがいらないですし、官報にも名前は載りません。任意整理の事実をはなさなければ、誰にもバレずに手続きができ、完済をすることも可能です。自分が返済できる金額で交渉することができるので、計画的な返済計画が立てられるようになります。


 任意整理後は?

任意整理は借金したお金を返済することが前提です。
通常ですと任意整理後の返済は約3年間、長くて5年で返済することになります。弁護士や司法書士の交渉にもよりますが、交渉によっては借金の総額の70~90%の金額に減額されます。

借金した総額の10%から30%が減るわけですから、かなり負担が減ります。相手の消費者金融や銀行にとっても、計画的に返済されることで将来的に借金した本人が、自己破産などの措置を執られる不安がなく、借り入れを取り戻せないリスクもなくなるということです。

ですが借金をしていた消費者金融や銀行、カードローン会社が属している信用情報機関に金融事故情報として記載します。期間としては完済してから5年を超えない期間となっていますので、返済に2年から3年かかりそこから5年間ですので、7年から8年は信用情報機関に自己情報が記載されることになります。の期間を経過すると、各信用情報機関の金融事故情報が消滅しますのでまた消費者金融や銀行、カードローン会社からの借り入れも可能となります。ただし、債務整理をした時に借金していた、消費者金融や銀行などは社内ブラックとして金融事故(金融ブラック)として永遠に残るので借り入れはほぼ無理です。





okanekashit648.jpg

金融ブラックになってしまうと大手の消費者金融では借りれません。そんな時に匿名で申し込める中小の消費者金融のマッチングが便利です。上の無料相談から探せます。


この記事へのトラックバック